第72回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第72回月例会が、5月18日(木)にアパグループ東京本社で開催されました。冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「5月14日に北朝鮮が発射した火星12号は、高度2、000㎞に到達し、約700キロ離れたウラジオストック付近に落下したが、水平に発射すれば4、000㎞まで飛んだと言われている。高度2、000㎞に到達したことは、相当の耐熱技術が開発されたことを意味している。しかし、トランプ大統領は最近コメントを出していない。航空母艦ロナルド・レーガンが配備され、カール・ビンソンと二隻体制になったことは、攻撃の機運が高まってきたと言えるだろう。ロシアゲート事件で苦しい立場に追い込まれているトランプは、このままではニクソンのように弾劾される恐れがある。トランプは自らの危機をオフセットするために北朝鮮を攻撃するのではないか。先日のアメリカによるシリアへの攻撃は一石四鳥の効果があったが、北をやるなら今だろう。ある大臣に対して、『アメリカが北を攻撃したときに、しっかりコメントを出せるよう今から考えておくように』とアドバイスをした。書籍問題のお蔭でアパは世界で最も有名なホテルチェーンになったが、かつてこれほど保守が結束したことはなかった。安倍総理は憲法第九条に、第三項として自衛隊を合憲にする条項を加えるという『加憲』を表明したが、公明党にも配慮したうまい戦略である。任期が残り1年半であり、その間に改正の発議をしなければならない。本来なら自主憲法を制定するべきであるが、一回目の憲法改正は、できるところから着手すべきである。憲法学者の7割から違憲と言われながら、自衛隊は大きな負担を強いられていることから、自衛隊を合憲にするための改正なら国民の支持を得やすいだろう。」と、北朝鮮問題に対する分析や憲法改正に向けてのアイデアを披露されました。

続きを読む “第72回 勝兵塾月例会レポート”

第71回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第71回月例会が、4月20日(木)にアパグループ東京本社にて開催されました。会に先立ち、「真の近現代史観」懸賞論文制度の創設時から審査委員長を務められ、勝兵塾の特別講師・顧問でもあった上智大学名誉教授の渡部昇一様が、4月17日にご逝去されたことに哀悼の意を表して、出席者全員で黙祷を捧げました。
 冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「先日扶桑社より『【増補版】理論近現代史学』を出版し、今週発売された新潮45にも執筆した。そのため取材が相次いでいる。本書の巻頭には、日本の中国侵略の始まりと言われる張作霖爆殺事件が、関東軍の河本大佐ではなくソ連の特務機関の犯行であることを示す、爆破された列車の写真と、いわゆる『南京大虐殺』が国府軍による『漢奸狩り』だった写真、慰安婦が月300円(現在の約300万円)で募集されており、性奴隷ではなく高給売春婦だったことを示す写真をカラーで掲載した。当初出版社は、巻頭にこの3つの写真を掲載することに反対したが、私が『掲載しなければ自費出版にする』と言ったことで、ようやく掲載することができた。私は『理論近現代史学』を提唱し、歴史はあり得ることかあり得ないことかを検証すべきであると主張してきた。しかし、日本はこれまで押されたら引き、脅されたら金を払ってきた。その背景には、アメリカが原爆を投下しても良い国であるためには、日本が悪い国である必要があったからである。この呪縛を解くためには、アメリカが大戦後に世界覇権を握り世界赤化を止めるためには、原爆の使用はやむを得なかった、と日本が認めてあげればよい。アメリカは日本が講和を求めていたことを知りながら、ポツダム宣言から国体護持の条件を削除して原爆完成まで戦争を引き延ばしたのである。世界は正しいか正しくないかではなく、力の論理で動くものである。先日渡部昇一先生が亡くなられたことは非常に残念である。渡部先生の後任として、懸賞論文の審査委員長を加瀬英明先生にお願いした。今回から賞金が増額されたので是非応募して頂きたい。」と、先日出版された書籍の紹介とその意義について語られました。

続きを読む “第71回 勝兵塾月例会レポート”