第113回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第113回月例会が11月18日にアパグループ東京本社で開催されました。
 冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「今朝の日経新聞によれば、10月の訪日客は98・9%減とあった。日本は観光大国への道を進まなければならないと常々言ってきたが、コロナ禍にあって非常に厳しい状況である。アパホテルはこれまで東京都心では月間稼働率が100%という状況が続いていたが、4月頃から厳しくなっている。報道によれば、国内ホテルの稼働率が、9月は39・5%、10月は49・3%である。アパグループはこの3年間で毎年350億円、3年間で計1、050億円の利益を計上してきた。創業以来一度の赤字も出したことがないアパが、今年は赤字になっては恥ずかしいので、何とか黒字になるよう頑張っているところである。勝兵塾は毎月3カ所で開催してきて、いずれも盛況になってきており、本日も多くの方々にお集まり頂いた。」と、コロナ禍でのホテル業界の厳しさに触れました。

続きを読む “第113回 勝兵塾月例会レポート”

第112回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第112回月例会が10月15日(木)にアパグループ東京本社で開催されました。冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「菅政権が誕生して明日で1カ月となる。スピード重視を掲げ、硫黄島の遺骨収集特命チームの立ち上げを打ち出し、家計を圧迫している携帯料金を平均5、000円程度引き下げさせるなど、菅総理は実務派で叩き上げと言われているが、良くやっていると高く評価している。勝兵塾は10年目となり、3会場でこれまで延べ3万人以上が出席して、日本の保守化に貢献してきた。私が主催しているということで、多くの方々に集まって頂いていると思う。事業家はこうした政治的な活動をなかなかやらない中で、私は国益のためにリスクを取ってやってきた。その結果、日を追うごとに参加者が増え、素晴らしい講師の方々にお越し頂いている。」と、スピード感のある菅政権を高く評価するとともに、勝兵塾の果たしてきた役割にも触れました。

続きを読む “第112回 勝兵塾月例会レポート”