第109回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第109回月例会が、7月16日(木)にアパグループ東京本社で開催されました。
 冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「今週は毎日行事があり、月曜日にはアパホテル〈六本木SIX〉がプレオープン、火曜日にはアパホテル〈上野広小路〉が開業、水曜日はアパホテル〈名古屋駅新幹線口北〉が開業、そして本日はアパホテル〈博多祇園駅前〉の起工式が行われた。今年はオリンピックの開催が予定されていたのでそれに合わせて用地を取得し、設計、建築してきたが、オリンピックが1年延期となり、コロナ騒動などもあるが、決めたことは決めたとおりにやるという方針でやっている。世の中には決めたことを守らないことが多い。その典型が中国であり、言ったことを信じていると、後で酷い目に遭う。香港の騒動も、50年間は一国二制度を維持するとイギリスと約束して引き渡しを受けたにもかかわらず、その半分の期間も経たないうちに反故にした。お配りした今月号のエッセイの冒頭に、香港国家安全維持法に反対する集会の参加者が警察に拘束された写真を掲載しているが、中国は大変な弾圧をしている。膨張する中国にどう対抗していくかを考えなければ、いずれ日本は中国に飲み込まれるだろう。中国は陸続きの国とはこれまで一線を交えてきたが、次は海洋覇権を目指して南シナ海、東シナ海に進出している。ハワイを境に米中で太平洋を二分するようになれば、日本は中国側に帰属することになる。そのことに多くの人々は関心を持っていない。」と膨張する中国に対する危機感を示しました。
 続いて、7月6日に明治記念館で開催された「『理論近現代史学Ⅵ』出版記念並びにバースデーの会」の模様を動画で視聴しました。

続きを読む “第109回 勝兵塾月例会レポート”

第108回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第108回月例会が、6月18日(木)にアパグループ東京本社で開催されました。
冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「武漢ウイルスと呼ぶべき新型コロナウイルスの蔓延で、僅か半年の間に世界で44万人の死者が出た。人口100万人に対する死者数は、中国が3人、日本が7人、韓国が5人と1桁であるのに対して、ヨーロッパは3桁で、最も多いベルギーが835人、イギリスが621人、スペインが580人、イタリアが570人、スウェーデンが499人、フランスが453人である。アジアとヨーロッパで100倍もの差がある理由を考えると、ウイルスが生物兵器として人工的に開発されたもので、DNAの僅かな差で致死率が大きく変わったのではないかと思える。これが当初から欧米を狙う意思があったとなると、第三次世界大戦がすでに始まっていると言える状況であり、恐ろしいことである。したがって、コロナウイルスを良く分析して、もし人工的に開発されたものであれば、徹底的に中国の責任を追及しなければならない。トランプ大統領もそのようなことを言っているが、なかなか尻尾を掴めていないようである。半年で死者が44万人というのは相当な数であり、この数からだけでも第三次世界大戦が既に起こっていると言える状況である。本当はどうなのかを知ることが勝兵塾の目的であり、コロナウイルスについてもしっかり分析し、この難局を乗り切っていかなければならない。コロナで世界経済がおかしくなっているが、他社が多くのホテルを休館する中、アパホテルは休まず営業を続けた。経営的には厳しい状況ではあったが、宿泊を希望される方がいる限りホテルの営業を続けろと言ってきた。」と、新型コロナウイルスによる死者数の格差に関する仮説を提示されると共に、コロナ禍での経営理念について語りました。

続きを読む “第108回 勝兵塾月例会レポート”