第89回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第89回月例会が、10月18日(木)にアパグループ東京本社で開催されました。
 冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「勝兵塾月例会が第89回を迎え、東京、金沢、大阪でこれまでに延べ18、000人以上の方々に参加して頂いた。27年間に亘って月刊誌『Apple Town』を発刊し、その中で毎月エッセイを連載してきた。こうした活動が日本の保守化に貢献してきたと言えるだろう。今月号のエッセイは『中国バブル崩壊に日本も備えるべき』というタイトルだ。内容を中タイトルのみ紹介すると、『米中貿易戦争で危機を迎える中国経済』『今回の米中の貿易摩擦の争点は米国労働者の賃金抑制と失業率上昇の阻止である』『債務超過に怯えて中国から離反するアジア』『覇権米中攻防長い対立の始まり』『北朝鮮を潜在核保有国とするな』である。近日中に皆さんには先行配信するので、是非読んで頂きたい。また、『座右の銘カレンダー』を製作中であるが、そこに載せる座右の銘を31編選ぶ。現在人気投票を募集しており、投票結果の上位10編をカレンダーに載せる。すでにアパグループ社員から集まってきているが、勝兵塾の皆さんにも投票して頂きたい。」と、今月のエッセイの紹介と、座右の銘人気投票募集の告知をされました。

続きを読む “第89回 勝兵塾月例会レポート”

第88回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第88回月例会が、9月20日(木)にアパグループ東京本社で開催されました。
 冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「自民党総裁選では安倍総理が553票を獲得して3選を果たした。メディアの報道では石破氏が善戦したと言われているが、安倍総理がダブルスコアで勝ち、圧勝であり、報道がおかしいのではないかと感じる。改憲勢力で三分の二を確保している今、憲法改正を発議しなければいつするのか。国民投票では厳しいという声もあるが、国会議員のみならず、県議会議員、市議会議員、首長に至るまで、憲法を改正しなければ大変なことになると国民に訴えていく必要がある。現行憲法を定着させるために、政府は何千万部もの冊子を作って国民に配布したのだから、まだまだ努力が足りないと言える。国民投票が厳しければ、衆議院を解散してダブル選挙とすることも考えられる。さらに、来年5月1日に向けて『新元号に合わせて新憲法を』と新しい日本を創るイメージを打ち出して国民に訴えていくことも考えられる。安倍総理のこれまでの実績は相当高く評価できる。他の人が総理になったらどうなるのかとても不安である。このままいけば安倍総理は日本の歴代総理の中での最長記録を更新する。安倍総理に代わる人が登場すればよいが、次の3年間で後継者が育っていなければ、4期やっても良いのではないか。小泉進次郎氏が最後に石破氏支持を表明したが、これで総理への道が断たれたのではないかと思う。10年前に懸賞論文制度を創設し、当時現職の航空幕僚長の田母神氏が最優秀賞を受賞して騒動となったことで、日本が覚醒した。そのことがなければ安倍総理の再登板もなかっただろう。さらに今年から『アパ日本再興大賞』を創設し、賞金を1、000万円とした。27年前に『Apple Town』を発刊して以来、言論活動を行ってきたが、これまでの活動が報われてきていることを感じる。憲法改正に関して、無効決議を主張する声もあるが、それはどうしても改正ができない場合の最後の手段であって、クーデターとも言える手法であるので、憲法改正の可能性がある今は、第96条の規定に基づいて改正を行うべきである。」と、憲法改正の必要性を強調され、実現に向けての戦略を披露されました。

続きを読む “第88回 勝兵塾月例会レポート”