第93回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第93回月例会が、2月21日(木)にアパグループ東京本社で開催されました。
 冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「自民党総裁外交特別補佐の河井克行代議士の紹介で、3月8日にスティーブ・バノン氏の講演会をこの会場で開催することになった。バノン氏はトランプ大統領に解任されたと言われているが、今でもトランプ大統領とは親しく、政権運営の助言をしたり、安倍総理の考え方をトランプ大統領に伝えていると言われている。」「韓国が日本に対して出鱈目なことばかり言っているのは、北朝鮮が核を保有することをトランプ大統領が容認すると考え、韓国が核を持つ北朝鮮に擦り寄って連邦朝鮮になろうとしてからだろう。核を保有する連邦朝鮮は日本の脅威となり、さらに完全に中国の支配下に入れば、日本に突き付ける刃となり、いずれ日本は中国日本自治区に成り下がってしまうだろう。これに対抗するためには、憲法を改正し、非核三原則を撤廃して、アメリカとニュークリア・シェアリング協定を結ぶ必要がある。メディアは憲法改正を全くニュースにしないし、国会議員の中には急ぐ必要はないと言っている人もいるが、次の参院選で改憲勢力が三分の二を下回る可能性が高く、今憲法改正を実現できなければ、この先改正は不可能になるだろう。憲法無効論という考え方もあるが、これはクーデターのようなものであり、国民の支持は得られない。あくまで現行憲法の条項に基づいて改正すべきである。私は本当のことを知ってもらうために勝兵塾を立ち上げた。本当のことを知り、日本は韓国に対して毅然とした態度を取っていかなければならない。」と、日本が置かれている危機的状況に警鐘を鳴らしました。

続きを読む “第93回 勝兵塾月例会レポート”

第92回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第92回月例会が、1月17日(木)にアパグループ東京本社で開催されました。
 冒頭、アパグループ元谷外志雄代表は塾長挨拶において、「ラスベガスのベラージオで開催される毎年恒例のニューイヤー・パーティーに参加した。ラスベガスの賑わいを見て、アメリカ経済の良さを感じた。トランプ大統領に対して様々な論調があるが、あのまま民主党政権が続いていたら、大変なことになっていただろう。トランプ大統領と安倍総理がいるうちに日本が真っ当な国にならなければ、いずれ日本は中国日本自治区になってしまう。日本は核保有国に囲まれており、三度目に核を落とされるとすれば、それは日本である可能性が最も高い。日本が核攻撃を受けた場合、誰が反撃してくれるのだろうか。アメリカも国益に沿わなければ助けてはくれない。特に自国が核攻撃を受けるリスクを冒してまで、日本のために反撃してはくれないだろう。憲法改正は二段階ですべきだと思うが、二段階とも安倍政権の間にやらなければならない。まず、衆参で改憲勢力が三分の二以上を占めている今発議できなければ、参院選挙後に三分の二以上を占めるのは困難であり、憲法改正は絶望的となる。衆参ダブル選挙を嫌がる公明党や野党に対して、『憲法改正の発議に賛成しなければ衆参ダブル選挙をするぞ』と説得して、現有議席のうちに発議をすべきである。さらに、北朝鮮が核武装をした現実を踏まえ、非核三原則という愚かな国会決議を廃止し、アメリカとニュークリアシェアリング協定を締結すべきである。この参院選の前後で日本の方向性が正しい方向に定まらなければ、この先が危うい。ラスベガスのパーティーでは毎年同じテーブルで会う元アメリカ空軍将軍から、『12月号のアップルタウンを持ってきてほしい。』と頼まれたので持参すると、サインをして『これをトランプ氏に渡して政策の参考にするよう伝えたい。』と言っていた。」と、日本が置かれた危機的状況と憲法改正の必要性を訴えました。

続きを読む “第92回 勝兵塾月例会レポート”