第107回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第107回月例会が、5月21日(木)にアパグループ東京本社で開催されました。
冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「本日新潟で東日本最大のホテル&マンションプロジェクトとなるアパホテル&リゾート〈新潟駅前大通〉とザ・プレミア〈新潟駅 万代〉の起工式を開催した。メディアは新型コロナで大騒ぎだが、他と比べてどうなのかを考えるべきだ。新型コロナによる死者は768人だが、毎年インフルエンザで3、000人が亡くなり、肺炎で10万人が亡くなっている。世界では新型コロナが白人国家を直撃したような様相を呈していて、新型コロナによる死亡者数上位5カ国がアメリカ、イギリス、イタリア、フランス、スペインと全て白人国家である。これを見ると、白人国家を直撃するようなウイルスを人工的に作ったのではないかと思いたくなる。緊急事態宣言を延長すればいいという議論については、延長することによる経済へのマイナスの影響の方が大きいのではないかと思う。経済を止めることによって、資金が回らなくなって自殺する人が増えてくるのではないか。統計学的確率計算に基づき、一部ではなく全体を見た対策を採っていく必要がある。新型コロナ一色の報道がずっと続いており、コロナで1人死ねば大ニュースになるが、インフルエンザで死んでもニュースにならない。非常事態宣言の下で麻雀やパチンコをしていたというような些末なことをメディアは糾弾して話題を作っているが、もっと大局観を持ち国益の観点から重大ニュースを報道するべきである。本当のことを知れば皆保守になる。私は本当のことを知ってもらう機会を提供するために勝兵塾を開催している。誰かの話を暗記するのではなく、多くの講師の意見を聴きながら自分で考えてほしい。そのために、勝兵塾では講演時間を1人10分程度で区切り、何人もの講師の方々から、様々な観点からの話をしてもらっている。」と、大局観に立った報道や政策決定の必要性を訴えました。

続きを読む “第107回 勝兵塾月例会レポート”

第106回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第106回月例会が、3月19日(木)にアパグループ東京本社で開催されました。
冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「政府から会合の自粛要請が出されたことで、あらゆる行事やイベントが中止や延期となっており、ホテルも稼働率はガタ落ちである。しかし、新型コロナウイルスは、他の感染症との比較で考えれば大した問題ではない。日本では毎年3、000人以上の方がインフルエンザで亡くなっており、新型コロナウイルスの致死率は決して高くないのに、メディアは大々的に報道して不安感を煽り、あらゆる経済活動がストップしてしまった。実際にはこうした風評被害の方がはるかに大きい。アパはこれまでも決めた行事は全てやってきた。今回も感染防止に十分注意をしてやっている。あらゆる行事を中止すれば経済的損失も大きい。10年に1度くらいは何かが起こるのだから、何が起こっても普段通りやっていきたい。本日は高岡で、17日には千葉でホテルがオープンし、開業式典には多くの方々に集まって頂いた。かつて、大雪の中でゴルフコンペをやったことがある。中止してしまえばせっかく用意した食事は無駄になり、出勤しているスタッフにも申し訳ない。ゴルフコンペも、ゴルフそのものを楽しむというより親睦の場であると考え、大雪で球が見えなかったので池に向かってドラコンをやり、それがまた良い思い出になった。いろんなことがあるが、めげずにやっていきたい。今月の座右の銘は、『人生とは時間の使い方である 賢く使えば 人生は有意義である』である。」と、新型コロナウイルスに対する冷静な対応の必要性を説かれました。

続きを読む “第106回 勝兵塾月例会レポート”