第74回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第74回月例会が、7月20日(木)にアパホテル〈東京潮見駅前〉で開催されました。冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「今月号のエッセイは『先の大戦は日本を叩く白人国家の謀略だった』という内容だ。日露戦争で日本がロシアに対してまさかの大勝を収めたことで、アメリカはオレンジ計画を策定し、日本を戦争に追い込んだ。しかし、19世紀に松前藩に捕まったゴロブーニンが、『日中両国が手を結べば百年といわず白人国家の最大の脅威になる』と報告しており、この頃には日本の台頭が白人国家にとって脅威だという認識があった。日本は先の戦争には負けたが、世界から植民地はなくなり、人種平等が実現した。白人国家が植民地支配を守るために日本を叩いたが、結果として植民地を失ったのである。」と、今月号のエッセイのエッセンスを紹介され、「アパグループの躍進振りに注目が集まっているが、それは現在すでに開業しているホテルを見ての評価であり、現在設計・建築中のホテルが全て開業すれば評価はさらに高まるだろう。しかし、他社のホテルもどんどん増えて、すでにオーバーホテル現象が起きつつある。この先、ホテル業界も百花繚乱から寡占化へ進んでいくだろう。オリンピック後にはさらに厳しいオーバーホテル現象が起こる。アパは頂上戦略初期の土地代も建築費も安い時に開発したホテルが満室稼働で、高い収益力に繋がっているが、後から高い土地代に高い建築費でホテルを開発しているところはこれから苦しくなるだろう。そうしたホテルを買収して断トツの日本一を目指す。6月30日にランドマークホテルとなるアパホテル〈国会議事堂前駅前〉の起工式が行われ、多くの国会議員の方々にもご出席頂いた。日本の中枢と言える立地にホテルがオープンすることはアパのブランドアップに寄与するだろう。」と、アパグループの事業展開について語られました。

続きを読む “第74回 勝兵塾月例会レポート”

第73回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第73回月例会が、6月15日(木)にアパグループ東京本社で開催されました。冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「先日開催した『バースデーイブ』の会に先立って行われた記者発表会で、ロイター通信の記者が『冬季アジア札幌大会では抗議を受けて書籍を撤去したが、2020年の東京オリンピックでも書籍を撤去するのか』と質問したので、『抗議を受けて書籍を撤去したわけではない。全館貸切であったので、抗議の以前から、客室から全ての情報物を撤去することや事務所として使う部屋からはベッドなども撤去することになっていたのである。当然東京オリンピックでも書籍は撤去しない。自分のホテルに自分の書籍を置いて何が悪いのか』と答えた。そしてその僅か2時間後には、ニューヨーク時間では午前4時頃だったが、英文で記事が配信されていた。その記事は予め作成されていたようで、記事の前半部分では、『アパが中国の抗議を受けて書籍を撤去した』と書き、記事の最後に私が話した内容を付け加えていた。ところが日本語版では『抗議を受けて書籍を撤去した』とは書かず、『韓国と中国の選手団が宿泊先を別のホテルに変更した』などと、英文とは違う内容の記事になっていた。この日本語版の記事には3、800ものコメントが付いていてそのほとんどがアパを支持、応援する内容であり、そのコメントには多いもので27、064もの『いいね』が付いていた。すべてのコメントの『いいね』の数を合計すると数百万にはなるのではないか。書籍問題でアパが有名になり、応援宿泊などもあって、1月から5月まで毎月過去最高売上、過去最高稼働率を達成することができた。」と、メディアによる偏向報道や印象操作を強く批判されました。続けて、6月2日に開催された「『理論近現代史学Ⅲ&増補版』出版記念並びに代表バースデーイブの会」の模様をまとめた動画を視聴しました。この動画の中には、塾長挨拶で触れられた、出版発表会でのロイター通信の記者との質疑応答の場面も収められており、塾生は皆真剣に見入っていました。

続きを読む “第73回 勝兵塾月例会レポート”