第91回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第91回月例会が、12月20日(木)にアパグループ東京本社で開催されました。
 冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「1984年12月12日にアパホテルは第一号ホテルを開業した。また、12月7日には明治記念館でアパ日本再興大賞と懸賞論文の表彰式が行われ、総勢約1、300名の方々が参加され、国会議員だけでも26名から出席の連絡を頂いた。東京への進出は2002年5月10日に本社を赤坂見附に移したときから本格的に始まり、16年間に東京だけで57ホテルをすでに開業し、21ホテルを現在設計建築中である。2010年に頂上戦略を発動し、東京都心でトップを取る戦略をはじめ、2015年には大阪、京都、名古屋、広島、福岡等、地方中核都市へ広げ、現在51ホテルを設計建築中である。これも多くのアパファンのお陰であり、アパカード会員は累積で1、500万人を超えている。私は本当のことを知れば皆保守になると常々言っているが、メディアは本当のことを言わない。私は真実を明らかにし、日本に誇りを取り戻すために活動を行っている。第一回アパ日本再興大賞には江崎道朗氏の作品が選ばれた。賞金1、000万円の使い道を聞いたところ、『アメリカでは歴史の見直しが行われているが、そうした文献が日本でほとんど翻訳されていないので、翻訳のための資金にしたい。』と話していた。今月号のエッセイは317号になるが、先日実施したドイツ・ポツダムへの海外視察研修旅行に関連して、ポツダム会談についても触れている。」と、アパグループの戦略について語られた後、12月7日に明治記念館で行われた第一回アパ日本再興大賞・第十一回「真の近現代史観」懸賞論文表彰式並びに受賞記念パーティーの模様を視聴しました。

続きを読む “第91回 勝兵塾月例会レポート”

第90回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第90回月例会が、11月15日(木)にアパホテル〈東京潮見駅前〉で開催されました。
 冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「トランプ大統領の最近の発言を見ていると、北朝鮮の核兵器はアメリカの脅威にならないと思っているのではないかと感じる。では北が核を落とすとすればどこかと考えれば、日本である可能性が高いと言えるだろう。トランプは、大陸間弾道ミサイルの開発・保有や、今後の核兵器の製造・実験を一切行わない代わりに、秘匿されている核兵器には目をつぶり、北をイスラエルのような潜在核保有国として、中国に対する核バランスを維持させようとしているのだろう。そもそも北の核兵器は中国に向けたものだ。だから中国は北の核開発を阻止しようとし、2004年に金正日を北京に呼びつけて核開発を止めるよう説得したが、金正日は核開発断念を拒否した。そこで中国側は、北京からの帰り道の龍川駅でTNT火薬800トンもの小型原爆並みの爆発を起こし、金正日が乗車する列車の全車両を破壊する大爆発を起こして金正日を爆殺しようとしたのである。爆破口の形から、深さ数十メートルのところにトンネルを掘って、そこに大量の火薬を詰め込んで一気に爆破したと考えられる。北を完全に非核化すれば、いずれ中国に併合される。アメリカと中国は北朝鮮の取り合いをしているのである。アメリカは、北が今後核兵器を開発・製造することや長距離弾道ミサイルを開発することは認めないが、これまで製造した核兵器を隠し持つことは黙認するだろう。そして北が韓国を併合して、潜在核保有国である朝鮮連邦となれば、日本に戦前戦後の莫大な賠償金を要求してくることになる。日本は、これに対抗するため、憲法改正だけでなく、非核三原則を廃止し、ニュークリアシェアリング協定をアメリカと締結する必要がある。米中新冷戦時代を迎え、日本が独自に核開発をすると言えば、アメリカはニュークリアシェアリングを容認するだろう。連邦朝鮮が中国の手先となって日本に突き付ける刃となれば、日本はいずれ中国日本自治区になるかもしれない。改憲不能と言われた日本国憲法を現在の条項を使って改正することができれば、その次の改正では自主憲法にすることができる。近年アメリカ政府とコミンテルンがやり取りした暗号が解読され、ヴェノナファイルとして公開されたことで、アメリカでは歴史の見直しが進んでいる。歴史を見直そうとすると『歴史修正主義者』と言われるが、新事実が発見されれば、その事実を矛盾なく説明できるよう歴史を見直していくべきである。」と、北朝鮮を巡る米中の思惑を解析し、日本の取るべき戦略を提言しました。

続きを読む “第90回 勝兵塾月例会レポート”