第71回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第71回月例会が、4月20日(木)にアパグループ東京本社にて開催されました。会に先立ち、「真の近現代史観」懸賞論文制度の創設時から審査委員長を務められ、勝兵塾の特別講師・顧問でもあった上智大学名誉教授の渡部昇一様が、4月17日にご逝去されたことに哀悼の意を表して、出席者全員で黙祷を捧げました。
 冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「先日扶桑社より『【増補版】理論近現代史学』を出版し、今週発売された新潮45にも執筆した。そのため取材が相次いでいる。本書の巻頭には、日本の中国侵略の始まりと言われる張作霖爆殺事件が、関東軍の河本大佐ではなくソ連の特務機関の犯行であることを示す、爆破された列車の写真と、いわゆる『南京大虐殺』が国府軍による『漢奸狩り』だった写真、慰安婦が月300円(現在の約300万円)で募集されており、性奴隷ではなく高給売春婦だったことを示す写真をカラーで掲載した。当初出版社は、巻頭にこの3つの写真を掲載することに反対したが、私が『掲載しなければ自費出版にする』と言ったことで、ようやく掲載することができた。私は『理論近現代史学』を提唱し、歴史はあり得ることかあり得ないことかを検証すべきであると主張してきた。しかし、日本はこれまで押されたら引き、脅されたら金を払ってきた。その背景には、アメリカが原爆を投下しても良い国であるためには、日本が悪い国である必要があったからである。この呪縛を解くためには、アメリカが大戦後に世界覇権を握り世界赤化を止めるためには、原爆の使用はやむを得なかった、と日本が認めてあげればよい。アメリカは日本が講和を求めていたことを知りながら、ポツダム宣言から国体護持の条件を削除して原爆完成まで戦争を引き延ばしたのである。世界は正しいか正しくないかではなく、力の論理で動くものである。先日渡部昇一先生が亡くなられたことは非常に残念である。渡部先生の後任として、懸賞論文の審査委員長を加瀬英明先生にお願いした。今回から賞金が増額されたので是非応募して頂きたい。」と、先日出版された書籍の紹介とその意義について語られました。

続きを読む “第71回 勝兵塾月例会レポート”

第70回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「書籍問題がまだ尾を引いている。反日日本人が書籍問題に関して抗議し謝罪を求める文章を印刷した葉書を各ホテルに送ってきており、これからも相当続くだろう。反日日本人はまだあきらめておらず、何等かの妨害をしたいようである。中国との歴史問題の原点は南京事件にある。日本軍が30万人殺したから靖国参拝も怪しからんということになる。私は『何か間違いがあったら指摘してください』と言ってきたが、これまでそうした指摘はなく、先日行われたデモでも『Japan好きだ、APAの元谷が嫌いだ』と掲げているだけで、南京事件には触れず、マスクをして声も発していなかった。歴史問題の原点となる南京事件に関して、東宝が制作した記録映画がある。これによると、蒋介石による漢奸狩り(親日派市民の虐殺)が行われ、多い日には一日に数千人も殺されたことや、市内に漢奸狩りのポスターが貼られていたこと、中立地帯である難民区に軍服を脱ぎ捨てて民間人に化けた多数の国民党兵士が武器・弾薬を持って隠れていたこと、彼らが日本軍によって処刑されたこと、南京の子供たちは皆笑顔で、爆竹を鳴らして新年を祝い、そばで爆竹が鳴っても、通り過ぎる日本兵は振り向きもしなかったことなどがわかる。」と、書籍問題の顛末に触れながら、南京に関する貴重な歴史資料である戦線後方記録映画『南京』の内容を紹介されました。この後、この記録映画から抜粋した映像を視聴しました。

続きを読む “第70回 勝兵塾月例会レポート”