第87回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第87回月例会が、8月16日(木)にアパグループ東京本社で開催されました。
 冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「7月4日に中国で『墨かけ女子事件』という、女性が習近平の写真に墨汁をかける事件が起こり、ネットに動画がアップされたことで、こうした動きが中国全土に広まった。慌てた当局は、習近平の写真やポスターを撤去し、この女性は精神病院に収容されたという。実績を評価することなく習近平を英雄視する風潮が、かえって反発されたのだろう。中国では習近平帝国とも言える絶対的な体制が敷かれていたと思っていたが、その一角が崩れたとも言える。今や米中冷戦時代となったが、トランプは中国を敵と見なし、これまで中国に奪われた富を取り戻すために、中国に関税や課徴金をかけている。日本企業は、中国に物を売ったり、中国から物を買ったり、中国で工場を造ったりして、中国に対してなかなか思うようなことを言えない。私は信念を曲げるくらいなら中国から客が来なくても良いという思いがあったから、書籍問題が起こっても怯むことなく対峙した。その結果、中国はこれ以上言えば嘘がばれるということで、書籍問題を終息させた。日本の技術や資金があったから今の中国の経済発展があるのであり、中国はもっと日本に感謝すべきであるが、日本人はこれまで中国から批判されれば謝り、お金を払ってきた。他の経営者も私と同じように対応していたならば、このようなことにはならなかっただろう。この9月には自民党総裁選が行われ、安倍総理の3選の可能性が高くなっている。安倍総理のこれまでの功績は素晴らしいものである。アメリカでは中間選挙が11月に予定されているが、トランプは中間選挙で勝利することが再選への道だと考えている。最近ボルトン大統領補佐官が『北朝鮮は米朝会談で約束したことを守っていない。』と発言している。私は北に対して公開限定空爆をするべきだと主張してきたが、トランプは北に対して厳しく対応することで、支持率が高まり、中間選挙に勝利するということを考えているのではないか。9月の総裁選で安倍総理が勝利してから、アメリカの中間選挙のある11月までの間が、憲法改正のチャンスである。北朝鮮危機が終われば、憲法改正に対する支持率が低くなるだろう。発議の半年後に行われる国民投票で過半数を確保することが難しいと考えれば、衆議院を解散してダブル選挙になることもありうる。今が日本にとってのターニングポイントである。中国の人口は日本の10倍の規模がある。中国がこのまま経済成長を続けていけば、世界は中国による支配に屈することになる。北朝鮮危機と言われているが、北朝鮮危機そのものはアメリカにとって大した問題ではない。アメリカは北朝鮮危機をきっかけに中国と覇権争いをしているのである。日本国憲法について、無効であり廃棄せよと言う意見もあるが、それはある意味クーデターであり、私は改憲勢力が三分の二以上を確保しているうちに現行憲法の規定に則って憲法を改正するべきだと考える。アメリカ国防総省が以前、2025年の日本のシナリオを3つ示したが、そのうちの1つは日本が中国の自治区になるというものだった。今のうちにそれに備えなければ危ういと思う。」と、日本を取り巻く国際情勢を紐解き、憲法改正の必要性を訴えられました。

続きを読む “第87回 勝兵塾月例会レポート”

第86回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第86回月例会が、7月19日(木)にアパグループ東京本社で開催されました。
 冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「勝兵塾を毎月東京、金沢、大阪の3カ所で開催し、これまで延べ約2万人の方々に参加して頂いた。勝兵塾を始めて7年2カ月の間に世の中は大きく変わった。私はかねがね現在は新帝国主義時代が到来し、力の鬩ぎ合いの時代であると言ってきた。これまでアメリカは絶大な力を持ち、世界を守ってきた。しかし、トランプ大統領は自国第一主義を掲げている。このまま行けば核を保有する北朝鮮が韓国を併合して朝鮮連邦となり、それを中国が支配して、朝鮮半島が日本に突き付ける刃となり、日本に対して敵意を持った、人口八千万人の核保有国が隣国に存在することにもなりかねない。このような危機に対して日本はあまりにも能天気ではないか。一日でも早く憲法を改正しなければ、いずれ日本は中国日本自治区となるだろう。本年度からは新たに『アパ日本再興大賞』を創設し、様々な形で言論活動を行っている。アップルタウンを28年間発刊し、その中で藤誠志のペンネームで毎月エッセイというかたちで私の思いを書き続けてきた。世界各国の要人と対談すると、世界の常識が日本で教えられていることとは違うことがわかる。一方、日本の国会では何をやっているのか。モリカケのようなばかばかしいことばかりやっているようでは不安を感じる。」と、塾長が行ってきた言論活動の意義を説かれました。

続きを読む “第86回 勝兵塾月例会レポート”