第117回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第117回月例会が3月18日にアパグループ東京本社で開催されました。
 冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「勝兵塾を始めて10年になるが、その間も中国は力をつけてきた。習近平は国家主席の任期を撤廃して皇帝化を図っている。ウイグル人の収容棟がどんどん増えて、100万人のウイグル人が収容されていると言われている。中国は14億人という数の力を背景に経済力をつけ、軍事力に変えてきた。中国は陸ではすでに隣国と国境を巡って紛争をしてきたが、これからは海洋覇権を狙っている。中国から見れば日本は太平洋への出口を塞いでいるので、これを排除したいと思っている。このままではいずれ日本は中国日本自治区になってしまう。今の憲法のままでは、日本は危うい。力の均衡に基づく平和こそが真の平和であり、平和とは戦争と戦争の間にあるものだと考えるべきである。今はまだ深深度潜水艦などの技術で海上自衛隊が制海権を維持しているが、中国も海軍力を強化している。中国は一国世界支配を狙っており、日本は中国包囲網で力のバランスを保っていかなければならない。しかし、日本のメディアはこうした問題をほとんど報じない。メディアが報じない間に中国が力をつけてきており、このままでは中国による世界支配は時間の問題である。日本は警戒心を持ち、これに備えておかなければならない。そのためには現行憲法を改正し、アメリカに依存せず、まずは自分の国は自分で守れるようになる必要がある。」と、膨張する中国に対する備えの必要性を訴えました。

続きを読む “第117回 勝兵塾月例会レポート”

第116回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第116回月例会が2月18日にアパグループ東京本社で開催されました。
 冒頭のアパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「勝兵塾が始まってもうすぐ10年になる。毎月3カ所で開催して、これまで延べ3万人が参加した。今月号のエッセイでは新疆ウイグルについて書いた。核実験で多くの人々が被曝するなど、中国政府は非人道的なことをしてきたが、日本のメディアはほとんど報じてこなかった。中国は世界第3位の核保有国である。日本のすぐそばに強大な軍事力を持つ国があることを忘れてはならない。中国が貧しい時は豊かになれば民主化すると期待して経済援助をしてきたが、その予想は大きく外れ、経済成長とともに軍事大国となった。習近平は国家主席の任期を撤廃し、独裁体制を敷こうとしている。中国が益々力をつけてくると日本は危うい。これまでは、日本は空軍力と海軍力で中国に勝っていたが、最近では中国の空軍力は日本と同等以上となり、海軍力もつけてきている。日本の領海に侵入しても日本は警告するだけで攻撃できないことをわかっているので、中国の公船がなし崩し的に日本の領海に侵入してきている。このままではいずれ尖閣諸島は竹島のようになる。にもかかわらず、日本ではほとんど話題になっていない。尖閣諸島が中国のものとなれば、中国は太平洋への出口を押さえることができる。中国は沿岸警備隊を軍隊の下部組織に編入した。日本は十分に警戒していかないと竹島のように盗られてしまう。日本を取り巻く情勢は、世界で最もホットである。」と、中国の軍事的脅威に警鐘を鳴らしました。

続きを読む “第116回 勝兵塾月例会レポート”