第75回 勝兵塾月例会レポート

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

塾長・最高顧問 元谷 外志雄

 勝兵塾第75回月例会が、8月17日(木)にアパホテル〈東京潮見駅前〉で開催されました。冒頭に、7月28日にカナダ・アルバータ州エドモントンで開催された
Coast Edmonton Plaza Hotel by APAのグランドオープン式典の模様の動画を視聴しました。続いて、アパグループ元谷外志雄代表による塾長挨拶では、「北朝鮮はグアムに向けて大陸弾道弾ミサイルを発射すると言っているが、その理由は米韓合同演習を止めてほしいからであり、大騒ぎしているのはトランプ大統領の方である。トランプはロシアゲート事件隠しのために、北朝鮮問題で騒いでいるのであり、これは再選のための戦略である。真実を知るためには報道されていることの裏を読まなければならない。日本のメディアはアメリカのメディアが報道することをそのまま報じているだけであり、コメンテーターは訳のわからないコメントをしている。北朝鮮は、アメリカ、中国、ロシアにとっては緩衝エリアであり、金正恩政権は不都合な政権とは言え、潰すわけにはいかない。現在は都市の近代化が進み、どの国もかつての戦争のような大量破壊には耐えられない。だから威嚇合戦をしているのである。核兵器は政治的な兵器と言われるが、北は核を持ったことで威嚇し、それをアメリカは大きく騒いでいるだけである。」と、北朝鮮問題の本質を明らかにされました。

ジャマイカ大使館特命全権大使のクレメント・フィリップ・リカード・アリコック様

ジャマイカ大使館特命全権大使 クレメント・フィリップ・リカード・アリコック様

 ジャマイカ大使館特命全権大使のクレメント・フィリップ・リカード・アリコック様は、「ジャマイカと日本は53年に亘り、経済交流を深めてきた。ジャマイカは約11、000㎢の島国で小さい国であるが、チャンスはたくさんある。ビーチと山で有名で、カリブ最高峰のブルーマウンテンはコーヒーでも有名である。マイアミから飛行機で1時間20分の距離に位置し、カリブで英語を話す最大の国である。GDPは約2・5兆円で、観光業、鉱業、農業が盛んである。経済発展が著しい国で、2017年7月のTime誌では、ビジネスをするのに最も良い国の一つに選ばれた。さらに観光業の分野で9つの賞を受賞している。政権が変わって経済が安定し、ビジネスの成功者が諮問委員会に入り、首相自らが経済政策に携わっている。その結果、経済状況が改善した国のトップ10に入っている。人口は約220万人で、多くはアフリカ系であるが、最近は民族が多様化している。スペイン統治時代に奴隷としてガーナやナイジェリアから黒人が連れてこられた。17世紀にイギリスが来て90年間は奴隷のままであったが、その後解放された。ジャマイカ精神は自由と表現を大切にしている。」と、ビジネスチャンスの多いジャマイカの特徴を紹介されました。

サー中松義郎博士

サー中松義郎博士

 アリコック大使の話を受けてサー中松義郎博士は、「ジャマイカについて大変素晴らしい話を聞かせて頂いたが、日本とジャマイカの友好関係のために、ジャマイカは日本に対してどのような貢献をしてくれているのか?」と質問されました。アリコック大使は、「多くのジャマイカ人が英語教師として来日している。2020年の東京オリンピックに向けて日本で英語のできる人材が必要であり、その点で貢献している。また、リオオリンピックで日本が4×100mリレーでジャマイカに続いて2位だったのも、ジャマイカの走りに影響を受けたからではないか。(笑)ケンブリッジ飛鳥選手はジャマイカでトレーニングをした。ジャマイカ人の祖先であるガーナ人やナイジェリア人は100mで金メダルを獲っていない。それは民族ではなく、ジャマイカの練習環境が良いことの証拠である。」と答えられました。

朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊様

朝鮮近現代史研究所所長 松木國俊様

 朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊様は、「1年前に勝兵塾で話した時には、『朴槿恵政権は任期までもたず、極左政権が生まれるだろう』と話したら、その通りになった。さらに『中国は北朝鮮の非核化のために、金正男に首を挿げ替えるのではないか』と話したら、金正男は殺された。習近平はこの秋の共産党大会で、金正恩と利権のある幹部を一掃するだろう。中国が動くのはそれからだと予想している。現在反日の文在寅が大統領になったが、偏狭な反日思想に凝り固まっている。外交ではアメリカと中国の間でコウモリ外交を進めたが、THAADを巡って板挟みにあい、両国から嫌われている。北朝鮮に対する呼び掛けも無視され、北朝鮮からも嫌われている。さらに日本に対しては慰安婦問題に加えて徴用工問題を取り上げている。外交面で韓国は四面楚歌の状況にある。経済面では、公約に掲げた『公務員雇用増81万人』は財政上不可能である。また中小企業支援として『創造的企業育成』は新しいモノやサービスの提供を目指すもので考え方は間違いではないが、体を動かして働くことを蔑視する韓国の風土では実現は困難である。技術のある人も子には継がせず、官僚にしたり、大企業に就職させようとするので、技術の伝播が行われない。新しいものを生み出すにはチームワークが必要であるが、韓国人は個人主義だからこれも難しい。北朝鮮との経済統合を目指す『朝鮮半島新経済地図』も絵に描いた餅である。このように経済回復の見通しが立たない。2年以内に追い詰められるのではないか。そこで文政権は、財閥バッシングによって一時的に支持率を回復させるだろう。韓国人にとって財閥は憎むべき親日派であり、経済格差の拡大の中で、庶民の怨嗟の的である。しかし韓国経済を支えているのが財閥であり、30大財閥の売上は韓国GDPの70%を占めている。そうなると、文政権にとって最後の手段は日本叩きしかない。しかし、そこで日本が譲っては、日本だけでなく韓国にとっても良くないことである。戦後の日本からの経済支援や技術移転が韓国経済を支えてきたが、いくら助けても韓国には感謝の気持ちはなかった。韓国が援助を求めてきても日本が断ることで、韓国も目が覚め、それが韓国のためになる。そうしなければ韓国は北朝鮮に併合されるだろう。」と、朝鮮半島情勢と日本のとるべき姿勢について語られました。

慶応義塾大学経済学部教授の塩澤修平様

慶応義塾大学経済学部教授 塩澤修平様

 松木様のお話に対して、慶応義塾大学経済学部教授の塩澤修平様は、「財閥バッシングに対して財閥側はどのような対応をするのか」と質問されました。松木様は、「サムスンや現代は政経癒着の疑いを持たれないよう、韓国全経連から脱退した。その結果、経済人同士の団結もできず、財閥の発言力が低下している。財閥は、今は様子見しかないと考えている。」と答えられました。

元銚子市長で新しい歴史教科書をつくる会副会長の岡野俊昭様

元銚子市長で新しい歴史教科書をつくる会副会長 岡野俊昭様

 元銚子市長で新しい歴史教科書をつくる会副会長の岡野俊昭様は、「38年間体育教師をし、3年間バルセロナの日本人学校で校長をした。同時多発テロの時、欧州アメリカ校長会の会長をしていて、対応に大変苦労したが、国家に対する誇りと国家にとっての国民の在り方に対する意識をしっかり持っていれば、世界のどこでどんなことがあっても自信を持って対処できる。当時日本人会に向けて、『同時多発テロのあの飛行機の中にもし女房や娘がいたとしても、私がアメリカ政府高官だったら躊躇なく撃ち落としただろう』と言ったら、『なんとひどい残忍な校長だろう』と批判された。そうした人々は女房や娘に対しても『あなたの旦那、お父さんはひどいことを言っている』と言ってきたが、女房も娘も『もし犯罪者に殺されるのなら、そしてそのことで戦争を避けられるのなら、お父さんに撃ち落とされても良い』と答えた。これは日本人であればごく普通のことであるが、今の日本人は戦前の日本人のような国家への忠誠心や誇りを失っていると感じた。国家百年の計は教育にある。戦後の日本人を創ったのは日本人である。例えば国連に慰安婦問題で戦後初めて団体で行ったのは私達のグループである。そのとき国連の人に、『日本は戦後70年経っているのに、外国に抗議に来た政治家も政府関係者もいなかったのに、民間人で来て偉かったね』と言われた。そういうことを70年間も放置する国が普通の国だろうか。私は憤りを感じて向うでスピーチをしたし、同行した女性2人に慰安婦問題は嘘であると英語とフランス語でスピーチしてもらった。沖縄問題では、沖縄の女の子が『本土から大変援助を受けている。誇りを持って生活している。国連に来て訴えている人達の言うことはみんな嘘です』と話した。そのように真実を何度も言っているうちに伝わり始めた。9月にも国連に行ってスピーチをする。日本人として誇りを持っていればどこに行って誰と会っても言いたいことを主張できる。教育の基本は家庭での躾である。人間としての在り方を、言って聞かせ、体で感じさせることをしてこなかったから最近の子供はひ弱になったし、電車の中でお年寄りや障害者がいても席も譲らなくなった。そうした人間を戦後民主主義が創った。戦後の日本の教育は完全な失敗である。言いたいことが言えるようになったが、『国民としての義務を果たすことなく権利を主張すること勿れ』という基本を失っている。人づくりをした経験のある人は哲学を持っているし、語らずとも自分の意思を浸透させる力を持っている。そうした神通力のようなものを最近の日本人は失ってしまった。私は体操のコーチをしてオリンピックの強化選手を育てていたが、勝てとは言わず、国家の誇りについて話してきた。リオオリンピックくらいから国歌を歌う日本人選手が増えたが、私は日本の税金を使って出るのだから、国歌を誇り高く歌えない選手は派遣しない方が良いと言ってきた。日本人として日本の歴史と文化に誇りを持った人を育てて、その人が語学を学んではじめて、日本のことを外国人に伝えることができる。教育とは才能を発見するだけでなく鍛えて開花させるものであり、刀鍛冶と全く同じである。」と、戦後教育の問題点を指摘され、国に対する誇りと国民の在り方についての意識の重要性を訴えられました。

Mrs. QEEN日本代表の杉岡玲子様

Mrs. QEEN日本代表 杉岡玲子様

 Mrs. QEEN日本代表の杉岡玲子様は、「2年前に初めて女性婦人国際フォーラムの日本代表としてロシアを訪れた。そして今年の8月1日に、日ロの懸け橋となるため、ロシア正教の聖地であるサロフで、平和の象徴である桜の植樹をした。これはニコライ2世ファミリーの銅像の除幕式に合わせて行われ、5万人が集まり、50以上のメディアが取り上げた。ロシアとの関係で最も有名な出来事は1904年の日露戦争であるが、その次に有名な出来事は、1891年の大津事件である。ニコライ2世が皇太子時代に国賓として来日したが、大津で警備にあたっていた警察官によって斬りつけられた。その際、薩摩の島津忠義が皇太子の見舞いに駆けつけたことで薩摩とロシアとの友好関係ができた。西郷隆盛の弟の従道は、息子の従理を7歳の時にサンクトペテルブルグに留学させ、従理はロマノフ家から可愛がられた。従理はワシントンで亡くなったが、東京のニコライ堂で葬儀が行われた。従理は留学中にロシア正教の洗礼を受けていた。このように鹿児島とロシアの関係は深く、鹿児島にはロシア正教のハリスト正教会がある。ロシアには親日家が多く、私は民間でできることをしながら、日本とロシアが平和条約締結に向けて動くことを望んでいる。先日エルミタージュ美術館から招待を受けて訪れた。島津家からニコライ2世に贈った薩摩焼の壷が見つかったと聞いて、是非見たいと思って訪れた。エルミタージュ美術館にはなかったが、そこから徒歩1時間くらいの美術館にあった。」と、民間人として日ロの友好関係を深めるための取り組みについて語られました。

在日本ルーマニア商工会議所会頭の酒生文弥様

在日本ルーマニア商工会議所会頭 酒生文弥様

 在日本ルーマニア商工会議所会頭の酒生文弥様は、「6月号のアップルタウンのBig Talkに登場したジョー・オブライエン氏はクリントン夫妻とも近い関係であるが、トランプ大統領とも友人である。Big Talkも大変密度の濃い対談だったが、9月にはもう一度、代表とさらに内容の濃い対談をしてもらいたいと思って調整している。彼は代表の影響を受けて、日本史を学んでいる。彼から来たレポートの内容が素晴らしいので紹介したい。『北朝鮮はとても困ったことを打ち出していて、7月4日にミサイルを発射した。金正恩はクーデター恐怖症で、守りたいのは家族王朝であり、軍事力で王朝を守ろうとしている。金正恩が就任して以来、ミサイルを88発発射した。金正恩はカダフィやフセインがアメリカに騙されて核や長距離ミサイルを放棄したため惨殺されたと考えている。アメリカはこれまで経済制裁と人道支援を繰り返しながら、北朝鮮はミサイルを開発してきた。今回も北朝鮮は、アメリカ本土に向けてミサイルを発射しない限り、アメリカは反撃しないことをわかっている。2018年の中間選挙では共和党が勝つだろう。アメリカはここ30年間で、今ほど日本に対して核を貸し出すことを真剣に考えたことはない。トランプと元谷代表は、常識を超えて信念を持って突き進む点で共通している。是非元谷代表をトランプ大統領に会わせたい。』といった内容である。9月に代表とオブライエン氏の対談が実現することを楽しみにしている。」と、オブライエン氏による北朝鮮問題を分析したレポートの内容を披露されました。

 

 最後に塾長は、「本日の日経新聞の夕刊に日本が陸上型イージスを導入することが一面に大きく出ていた。アメリカは大騒ぎしながら日本に迎撃ミサイルを買わせようという魂胆が見え見えである。同時に3〜4発撃ち込まれる弾道弾ミサイル全てを打ち落とすのは困難であり、防衛予算が限られている中で、防衛用兵器に予算を使えば、その分日本の攻撃用兵器を持つ予算が少なくなる。一日も早く憲法を改正し、戦争抑止力となる攻撃用兵器を持てる国としなければならない。」と、北朝鮮危機を煽るアメリカの意図を読み解かれ、会を締め括られました。